お盆合同法要

本日8月4日にお盆の合同法要を本堂にて執り行いました。コロナ禍のため私一人の法要となりましたが、本日までにご納骨いただいた306霊のご回向をさせていただきました。

新型コロナが発生した昨年は、一年辛抱さえすれば元通りの日々が戻るのではないか、と漠然と考えていたように思います。しかし、コロナの波は収まるどころか何度となく押し寄せ、第5波と言われる波は、前例のない高いピークを描いています。いつ終わるともしれない見えない津波に、社会が侵食されているかのようです。天平墓苑の合同法要も、昨年に引き続きこのような形での開催になりましたこと、ご理解をお願いいたします。

※8月4日の合同法要を、遺族の方にメールでご報告いたしましたところ、多くの方から御礼のご返信をいただきました。改めて、この5年間に埋葬された306名の方々の人生の重みを感じました。みなさまどうも有り難うございました。8月9日記