平成29年3月5日、新しく天平墓苑にご縁をいただいた方の交流会”和顔施(わがんせ)”を開催しました。総勢21名の方にご参加いただき、おなじ永代供養墓にはいる、いわゆる”墓友”同士の初めての顔合わせができました。

当日はお水取りの期間中ということもあり、「お水取りこぼれ話」というテーマで、私がお水取りの練行衆として参加した時の経験談をお話しさせていただきました。お水取りの御松明は有名ですが、実際の法要の様子となるとほとんど知られていません。DVDの映像も交えつつ、お水取りに使用する法具や法衣などを手にとってご覧いただきましたが、皆様は興味津々の様子でお聞きでした。天平墓苑では、年に数回こういった交流会を開催し、墓友同士の親睦を深めたいと考えています。

※和顔施(わがんせ)とは微笑みを施すことです。仏教の修行徳目の第一は布施、つまり施すことです。施しと言っても、財物を施すことだけが施しではありません。思いやりのある言葉、優しいまなざしなど、いつでもできる施しがたくさんあります。にこやかな微笑みこそ、コミュニケーションの基本と考え、和顔施(わがんせ)を交流会の名前としました。スマイル(^_^)vです。