父のイラスト

この色紙は私が父の遺品整理をして見つけたものだ。古びてガラスが割れた水屋に、ホコリをかぶった書類やら不用物が詰め込まれており、その中に紛れていた。

洋画家でもあった父は、40歳代の終わり頃に脳溢血で倒れ、言葉と身体の自由の一部を損ねた。これを描いたのはそれよりもずっと前で、このときの父は若くて生命力にあふれていただろう。芸術作品を目にすると、まるでその人がそこにいるかのような感覚を覚える。私にとっては、元気な父に久々に出会ったような新鮮な喜びだった。あいにく作品の保存状態が悪く、絵の具や色紙の紙がところどころ剥げている。そこで、スキャナーで読み込んで修復をほどこした。

このイラストは、東大寺法華堂(三月堂)の月光菩薩を素描したものである。昭和40年代の中頃、父は三月堂の責任者を任ぜられた。二月堂での護摩祈祷が父の仕事だったが、どういうわけか三月堂の主任に移動することとなり、それまでの仕事から離れることになった。その頃のことについて、父は多くを語らなかった。三月堂では仏さまと向き合う日々が続くことになった。とは言っても周りは国宝の天平仏ばかりである。洋画家としての才能が刺激されたのか、この頃から仏像をモチーフにする作品が一挙に増えた。父は古い作品を塗りつぶして新しい絵を描いていたので、手元には当時の父の作品は殆ど残っていない。

思いがけず見つけたこの月光菩薩の素描は一筆でさらりと描かれている。私はこれが気に入って、散華のみならずあちらこちらのデザインに用いたが、父ははたしてどう思っているのだろうか。