天平墓苑

  • HOME »
  • 天平墓苑

空海寺 ”天平墓苑” 奈良時代の遺跡がある永代供養墓

 

天平墓苑は、東大寺や正倉院のすぐ近くに位置し、春日山の懐に抱かれた豊かな自然環境に恵まれた墓地です。当墓苑は空海寺の境内(東大寺旧境内)にあり、平成28年9月1日に開設をいたしました。平成28年9月9日には、大本山東大寺様よりご出仕いただき、天平墓苑開設法要をいとなみました。また、造成前の発掘調査で、天平時代(奈良時代中期)の遺物が出土したことから「天平墓苑」と命名されたように、奈良時代以来の由緒ある場所に位置しています。写真の右上には、若草山や東大寺二月堂、法華堂(三月堂)の甍が見えています。また、写ってはいませんが、その右側には東大寺大仏殿、正倉院があります。

永代供養 樹木葬「いのり」、永代供養 夫婦墓「こみち」, 永代供養 合葬墓「ともしび」の三種類の永代供養墓地と、従来型の一般墓地「ぼだい」をご用意しております。三種類の永代供養墓地は宗旨宗派を問わずご利用頂けます。一般墓地は檀家様(華厳宗・真言宗)専用の墓地ですが、ご利用にあたって従前の宗派は問いません。

大自然から生まれ、大自然に育まれ、大自然を畏れ、大自然を敬い、大自然に還ってゆく。日本人は、自然と共に生き、自然をカミやホトケとして信仰する文化を育んできました。春日山麓の豊かな自然に恵まれたこの場所は、奈良時代に仏教を中心とする国づくりが行われた地でもあります。古い歴史を持つこの信仰の場に、永遠の安らぎをお求め下さい。

天平墓苑空撮2

 

天平墓苑全景

     

 

 

shiryou

 

PAGETOP
Copyright © 空海寺 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.