日吉館 先日、知人の方から会津八一の記念誌をいただきました。私は、会津八一の短歌や書が好きで、書は真似をして書いてみたこともあります。自然体で教養と人柄がにじみ出るような、柔らかな仮名文字は八一の真骨頂でしょう。

あるとき、八一が手本としているのは活字の明朝体だったと知って大変驚きました。たしかに八一の揮毫になる日吉館の看板は明朝体を彷彿とさせるものがあります。僧侶に書はつきものですが、自分には才能がないとあきらめてからは、ただ丁寧に書くように心がけています。