びしゃもんの おもきかかとに まろびふす おにのもだえも ちとせへにけむ (毘沙門の重きかかとに 転び伏す 鬼の悶えも 千年経にけむ)

これは、会津八一が東大寺法華堂(三月堂)で詠んだ歌である。毎月、仏事でお伺いするお宅に扁額が飾られていて、この歌の存在をそこで初めて知った。書いたのはあの棟方志功で、仮名に漢字を充てて書かれている。一文字一文字が大きく、絵を描くような、太いタッチで書かれた文字が紙面一杯にあふれている。よく見ると「年」は勢いで書いたのか、線が一本多い。そんなことはお構いなしに、内面からほとばしる情熱を、そのままぶつけたようだ。

昭和21年3月31日佳夜と日付が記されている。終戦間もない頃のことで、食べるものにも不自由な時代であったろうに、そんなことは微塵も感じさせない、生命力にあふれた作品である。棟方が、ベネチア国際ビエンナーレで版画部門の最高賞を取り、一躍世界と日本の美術界に名をはせたのが昭和31年のことだから、その10年も前、一般的にはまだまだ無名の時代である。

このお宅の御祖父(故人)は、かつてある有名百貨店の美術部長をしておられ、当時から棟方と深い親交をもたれていた。奈良を棟方が訪れたとき、写生のお世話をして、奈良を案内されたのだという。夜、上機嫌で会津八一の短歌を揮毫する棟方の想いが「佳夜」という言葉から想像できるようである。

私は会津八一の短歌が好きではあるが、悲しくも無知無学が災いして、所々に分らない言葉に出くわす。今回、このブログを書くに当たって「まろびふす」が「転ぶ伏す」であることを初めて知った。仏教の守護神、毘沙門天のかかとに抑え込まれ、転び伏した邪鬼は、千年もの間、もだえの表情を見せている。なんとユーモラスで味わい深い一首であろうか。

邪鬼とは異教者とも煩悩とも解釈されるが、異教者であっても煩悩であっても、自らの教えの中に含めとる懐の深さを仏教は持つ。邪鬼の正体は、邪鬼の役割を果たしている、ホトケ様であるのかも知れない。鬼が受難の節分に、ふとこの歌を思い出した。