墓じまい について

  • HOME »
  • 墓じまい について

墓じまいの手続き

墓地があるけれど、家を継ぐ者がいない。子供や親戚に迷惑をかけたくない。自分のお墓については、自分で責任を持って完結しておきたい。かつて、お墓は、家を継ぐべき立場の者が受け継いでゆくものでした。しかし、現代では非婚化や少子化の影響で、そのあり方も時代に合わなくなっています。お墓の継承者がいなくても、管理や供養を永代につづけてもらえる「永代供養墓」は、このような社会の変化から生まれてきました。継承者が見込めない墓地を撤去して、遺骨を永代供養墓に改葬することを「墓じまい」と言います。墓じまいの概要は下記の通りです。

1 改葬元の墓地がある市町村役場から「改葬許可申請書」を入手する。

2「改葬許可申請書」に改葬元墓地の管理者(お寺や霊園など)に必要事項を署名捺印してもらう。

3 必要事項が記入された「改葬許可申請書」を改葬元の墓地がある市町村役場に提出して「改葬許可証」を受け取る。

4 改葬元の墓地でお寺に依頼して、撥遣(はっけん=性根抜き)作法をする。

5 墓石業者に依頼して、古い墓地を撤去して更地に戻す。遺骨があれば取り出し、なければ遺骨代わりに土を一握り取り出す。

6 改葬先の墓地に遺骨と「改葬許可証」を持参して、永代供養墓などに埋納する。

 

※各市町村によって、若干の違いがありますが、基本的には上記の手順で墓じまいができます。空海寺では、合葬墓”ともしび” への改葬を受け入れています。(樹木葬”いのり”、夫婦墓”こみち”へ改葬ご希望の時はご相談下さい。)改葬にあたっては、亡くなられてから50年以上経過した遺骨は、何体であっても一体分の納骨料15万円で受け入れさせていただきます。50年未満のものについては、一体あたり納骨料が15万円必要です。たとえば50年未満の遺骨が2体、50年以上経過した遺骨が3体あった場合、全部で3体分の納骨料で受け入れが出来ます。50年以上の遺骨については〇〇〇〇家と一括してプレートに刻みます。50年未満の方についてはプレートにお一人ずつお名前を刻みます。(例外もありますので、詳細はご相談下さい)

天平墓苑の夜景

 

合葬墓”ともしび”についてはここをクリックして下さい。

お気軽にお問い合わせください TEL 0742-23-0031 受付時間 9:00 - 18:00

shiryou

 

PAGETOP
Copyright © 空海寺 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.